HOME定例研究会

定例研究会 年間テーマ「社会変容に向けた画像処理技術」

外部講師による技術講演,会員による研究発表,各種研究報告,などを中心に会員のニーズにお応えしている研究発表会です.

2022年度は,年間テーマを「社会変容に向けた画像処理技術」とし,以下の5回の定例研究会を予定しています.

第1回 2022年05月20日 「ロボットビジョン・FA
第2回 2022年07月15日 「人工知能・データサイエンス
第3回 2022年09月16日 「3次元計測・3次元理解
第4回 2022年 11月18日 「人センシング・動作行動認識
第5回 2023年01月20日 「検査・異常検知

会員外でもご参加頂けますので,ご興味をお持ちの方は是非ご参加下さい.
出来るだけ一週間前までに事務局(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)に事前申込下さい.申込いただきましたら,オンライン参加に必要な情報をお送りします
会員外の方の聴講費は2,000円(研究会報告代含む)です.なお,会員の参加費は無料ですので,是非ご入会をご検討下さい.

研究会の参加お申込み(オンライン/オンサイト)⇒ 【IAIP会員外の皆様】【IAIP会員の皆様

 【第4回研究会(11/18)のアンケートにご協力ください】      (Word版(.doc))⇒事務局まで(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)
 

【対面/オンライン】2022年度第5回定例研究会

  • テーマ 「検査・異常検知」

  • 日時 2023年1月20日(金)午後2時より

  • 会場 

    ⇒オンライン 詳細はメールでご連絡します⇒事務局(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)

    ⇒オンサイト 中央大学 後楽園キャンパス 2号館2階2221号室

  • 交通案内 アクセス |  キャンパスマップ

  • 所在地 東京都文京区春日1-13-27  〒112-8551

  • 当日連絡先 事務局 TEL:03-3367-0571
                    E-MAIL:iaip@adcom-media.co.jp

  • 今回の企画意図  ものづくりの現場では設備の点検や製品の検査に伴う作業負荷や人材不足が長年の課題となっており、 検査や異常検知の自動化が強く求められています。 今回は異常検知に関して技術動向に関するご講演と現場へのシステム導入に関するご講演を予定しております。 また製品の自動外観検査に関する講義もしていただく予 定です。

  • 講演(14:00~14:55)
    「音と振動からの異常検知の技術動向」
    早稲田大学研究院教授 GCS 研究機構上級研究員 速水 悟 先生

     [講演概要] 音と振動からの異常検知の基本的な手法と技術動向を解説します。 機械装置への適用事例と機械音からの異常検知の国際的な技術コンペ (2020,2021,2022) を紹介します。

  • コーヒ-ブレイク(14:55~15:05)

  • 講演(15:05~16:00)
    「状態監視保全を実現する予兆診断技術」
    株式会社日立製作所 研究開発グループ 制御・ロボティクスイノベーションセンタ 制御AI研究部 渋谷 久恵 様

     [講演概要] 状態監視保全のキーとなる予兆診断は各社AIの導入が進み、日立もシステム製品をリリースしている。 本講演では「いつもと違う」を検知する基本技術、システム導入前後の課題と解決策について述べる。

  • コーヒ-ブレイク(16:00~16:10)

  • ミニ講義(16:10~16:40)
    「周波数情報を用いた画像認識」
    広島工業大学 名誉教授 浅野 敏郎 先生

     [ミニ講義概要] 外観検査などで、位置濃淡情報のみでは認識が困難な問題でも、空間周波数情報を用いて容易に問題を解くことができる場合がある。 パワースペクトルや位相情報を用いた認識・照合技術について紹介する。

  • 報告(16:40~16:50)
    「外観検査アルゴリズムコンテスト2022開催報告」
    徳島大学 寺田 賢治 実行委員長
  • 報告(16:50~17:00)
    「ViEW2022ビジョン技術の実利用ワークショップ開催報告」
    慶應義塾大学 青木 義満 実行委員長
    日本大学 門馬 英一郎 プログラム委員長

過去の開催履歴

2022年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2022年5月20日(金)
 第2回:2022年7月15日(金)
 第3回:2022年9月16日(金)
 第4回:2022年11月18日(金)

2021年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2021年5月21日(金)
 第2回:2021年7月16日(金)
 第3回:2021年9月17日(金)
 第4回:2021年11月19日(金)
 第5回:2022年1月21日(金)

2020年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2020年5月15日(金)
 第2回:2020年7月17日(金)
 第3回:2020年9月18日(金)
 第4回:2020年11月13日(金)
 第5回:2021年1月22日(金)

2019年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2019年5月24日(金)
 第2回:2019年7月12日(金)
 第3回:2019年9月13日(金)
 第4回:2019年11月8日(金)
 第5回:2020年1月10日(金)

2018年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2018年5月19日(金)
 第2回:2018年7月13日(金)
 第3回:2018年9月28日(金)
 第4回:2018年11月16日(金)
 第4回:2019年1月11日(金)

2017年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2017年5月19日(金)
 第2回:2017年7月14日(金)
 第3回:2017年9月29日(金)
 第4回:2017年11月10日(金)
 第5回:2018年1月12日(金)

2016年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2016年5月13日(金)
 第2回:2016年7月22日(金)
 第3回:2016年9月16日(金)
 第4回:2016年11月11日(金)
 第5回:2017年1月13日(金)

2015年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2015年5月15日(金)
 第2回:2015年7月17日(金)
 第3回:2015年9月18日(金)
 第4回:2015年11月13日(金)
 第5回:2016年1月22日(金)

2014年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2014年5月16日(金)
 第2回:2014年7月18日(金)
 第3回:2014年7月18日(金)
 第4回:2014年11月14日(金)
 第5回:2015年1月16日(金)

2013年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2013年5月24日(金)
 第2回:2013年7月19日(金)
 第3回:2013年9月20日(金)
 第4回:2013年11月15日(金)
 第5回:2014年1月17日(金)

2012年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2012年5月18日(金)
 第2回:2012年7月20日(金)
 第3回:2012年9月21日(金)
 第4回:2012年11月16日(金)
 第5回:2013年1月18日(金)

2011年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2011年5月13日(金)
 第2回:2011年7月15日(金)
 第3回:2011年9月16日(金)
 第4回:2011年11月11日(金)
 第5回:2012年1月13日(金)

2010年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2010年5月14日(金)
 第2回:2010年7月9日(金)
 第3回:2010年9月17日(金)
 第4回:2010年11月12日(金)
 第5回:2011年1月14日(金)

2009年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2009年5月15日(金)
 第2回:2009年7月10日(金)
 第3回:2009年9月18日(金)
 第4回:2009年11月13日(金)
 第5回:2010年1月15日(金)

2008年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2008年7月11日(金)
 第2回:2008年9月12日(金)
 第3回:2008年11月14日(金)
 第4回:2009年1月16日(金)

2007年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2007年7月13日(金)
 第2回:2007年9月21日(金)
 第3回:2007年11月16日(金)
 第4回:2008年1月18日(金)
 第5回:2008年3月14日(金)

 
 
Copyright (C) 2017 画像応用技術専門委員会 All Rights Reserved.