HOME定例研究会

定例研究会 年間テーマ「社会変容に向けた画像処理技術」

外部講師による技術講演,会員による研究発表,各種研究報告,などを中心に会員のニーズにお応えしている研究発表会です.

2022年度は,年間テーマを「社会変容に向けた画像処理技術」とし,以下の5回の定例研究会を予定しています.

第1回 2022年05月20日 「ロボットビジョン・FA
第2回 2022年07月15日 「人工知能・データサイエンス
第3回 2022年09月16日 「3次元計測・3次元理解
第4回 2022年 11月18日 「人センシング・動作行動認識
第5回 2023年01月20日 「検査・異常検知

会員外でもご参加頂けますので,ご興味をお持ちの方は是非ご参加下さい.
出来るだけ一週間前までに事務局(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)に事前申込下さい.申込いただきましたら,オンライン参加に必要な情報をお送りします
会員外の方の聴講費は2,000円(研究会報告代含む)です.なお,会員の参加費は無料ですので,是非ご入会をご検討下さい.

研究会の参加お申込み(オンライン/オンサイト)⇒ 【IAIP会員外の皆様】【IAIP会員の皆様

 【第4回研究会(11/18)のアンケートにご協力ください】      (Word版(.doc))⇒事務局まで(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)
 

【対面/オンライン】2022年度第4回定例研究会

  • テーマ 「人センシング・動作行動認識」

  • 日時 2022年11月18日(金)午後2時より

  • 会場 

    ⇒オンライン 詳細はメールでご連絡します⇒事務局(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)

    ⇒オンサイト 中央大学 後楽園キャンパス 2号館2階2221号室

  • 交通案内 アクセス |  キャンパスマップ

  • 所在地 東京都文京区春日1-13-27  〒112-8551

  • 当日連絡先 事務局 TEL:03-3367-0571
                    E-MAIL:iaip@adcom-media.co.jp

  • 今回の企画意図  人物センシング,そこからの動作行動認識は,そのハード・ソフト両面における関連技術の発達により, 様々な分野で使われるようになってきました。 本研究会では,当該研究分野における基盤技術や最新の研究事例, また,個人の価値観の多様化や,新型コロナウイルスの感染拡大といった急速な社会情勢の変化の中で, 当該研究がどのように社会実装されていったかについて, 3名の講演者の方々に産官学それぞれでの観点でご講演いただきます。

  • 講演(14:00~14:50)
    「動作認識の最前線:手法,タスク,データセット」
    名古屋工業大学 玉木 徹 先生

     [講演概要] 人物の行動認識(action recognition)はコンピュータビジョンの重要なトピックの一つです。本講演では,代表的な手法やタスク,データセットなどを俯瞰し,最新の研究についても紹介します。

  • コーヒ-ブレイク(14:50~15:00)

  • 講演(15:00~15:50)
    「CX変革を加速する行動認識AIと人文社会科学融合」
    富士通研究所 コンバージングテクノロジー研究所 竹内 駿 様

     [講演概要] 人々の価値観の多様化に伴い,よりパーソナライズされた消費体験(CX)に関心が集まっている。本講演では CX変革を支える基盤技術と,人文社会科学融合による社会実装の展開ついて紹介する。

  • コーヒ-ブレイク(15:50~16:00)

  • 講演(16:00~16:50)
    「コロナ禍における人センシング技術の社会実装に関する研究紹介」
    産業技術総合研究所 人工知能研究センター 社会知能研究チーム 大西 正輝 様

     [講演概要] 新型コロナウイルスの流行拡大によって大規模イベントは人数制限や声出し応援の制限が行われてきた。人を センシングすることでエビデンスに基づきリスク評価を行いながら大規模イベントの開催方法を検討してきた事例を紹介する。 

過去の開催履歴

2022年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2022年5月20日(金)
 第2回:2022年7月15日(金)
 第3回:2022年9月16日(金)

2021年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2021年5月21日(金)
 第2回:2021年7月16日(金)
 第3回:2021年9月17日(金)
 第4回:2021年11月19日(金)
 第5回:2022年1月21日(金)

2020年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2020年5月15日(金)
 第2回:2020年7月17日(金)
 第3回:2020年9月18日(金)
 第4回:2020年11月13日(金)
 第5回:2021年1月22日(金)

2019年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2019年5月24日(金)
 第2回:2019年7月12日(金)
 第3回:2019年9月13日(金)
 第4回:2019年11月8日(金)
 第5回:2020年1月10日(金)

2018年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2018年5月19日(金)
 第2回:2018年7月13日(金)
 第3回:2018年9月28日(金)
 第4回:2018年11月16日(金)
 第4回:2019年1月11日(金)

2017年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2017年5月19日(金)
 第2回:2017年7月14日(金)
 第3回:2017年9月29日(金)
 第4回:2017年11月10日(金)
 第5回:2018年1月12日(金)

2016年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2016年5月13日(金)
 第2回:2016年7月22日(金)
 第3回:2016年9月16日(金)
 第4回:2016年11月11日(金)
 第5回:2017年1月13日(金)

2015年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2015年5月15日(金)
 第2回:2015年7月17日(金)
 第3回:2015年9月18日(金)
 第4回:2015年11月13日(金)
 第5回:2016年1月22日(金)

2014年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2014年5月16日(金)
 第2回:2014年7月18日(金)
 第3回:2014年7月18日(金)
 第4回:2014年11月14日(金)
 第5回:2015年1月16日(金)

2013年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2013年5月24日(金)
 第2回:2013年7月19日(金)
 第3回:2013年9月20日(金)
 第4回:2013年11月15日(金)
 第5回:2014年1月17日(金)

2012年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2012年5月18日(金)
 第2回:2012年7月20日(金)
 第3回:2012年9月21日(金)
 第4回:2012年11月16日(金)
 第5回:2013年1月18日(金)

2011年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2011年5月13日(金)
 第2回:2011年7月15日(金)
 第3回:2011年9月16日(金)
 第4回:2011年11月11日(金)
 第5回:2012年1月13日(金)

2010年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2010年5月14日(金)
 第2回:2010年7月9日(金)
 第3回:2010年9月17日(金)
 第4回:2010年11月12日(金)
 第5回:2011年1月14日(金)

2009年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2009年5月15日(金)
 第2回:2009年7月10日(金)
 第3回:2009年9月18日(金)
 第4回:2009年11月13日(金)
 第5回:2010年1月15日(金)

2008年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2008年7月11日(金)
 第2回:2008年9月12日(金)
 第3回:2008年11月14日(金)
 第4回:2009年1月16日(金)

2007年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2007年7月13日(金)
 第2回:2007年9月21日(金)
 第3回:2007年11月16日(金)
 第4回:2008年1月18日(金)
 第5回:2008年3月14日(金)

 
 
Copyright (C) 2017 画像応用技術専門委員会 All Rights Reserved.